悪夢をみてしまうときは、低い次元と波長があっている。

睡眠をとることは、とてもスピリチュアルな行為です。

眠っている間の意識は、こちらの物質世界から少しはなれて、霊的な世界の波長と近くなり、一日の活動で消耗したスピリチュアルなエネルギーをチャージして、翌日に備えます。

質のよい睡眠をとることは、しっかりとエネルギーがチャージされることになるので、自分の内が満ちている感覚になれますし、翌日の目覚めも爽やかです。

しかし、ときには、浅い眠りになってしまったり、悪夢を見続けて眠れないことなどもありますよね。

そういうときは、自分のコンディションが下がっていると考えられます。日々の生活の習慣や、思考や行動の仕方などを、見つめ直してみることが大事です。

自分のコンディションが下がっているときは、眠っている間の意識が、霊的な世界の波長に合いにくくなります。そうなれば、深い眠りにならず、浅い眠りになってしまいます。

眠っていても、霊的な高い次元の波長と合いきらず、しかし、こちらの物質世界の波長からは少しはなれている(浅くても眠ってはいるので)となると、

その中間の領域にある「霊的ではあるけれど、低い次元の波長」と、引きあってしまうことがあります。

そのとき、自分がどの領域と引きあっているか(意識が繋がっているか)で、夢に反映してくる内容がかわる、ということなのです。

低い次元と引きあっていれば、眠っている間にみる夢が、その波長を反映したものとなり、

魔物に追いかけられて逃げ惑うとか、どろどろしたエネルギーにとらわれるような内容になったりします。

こういう状態になったときは、自分を見つめ直す機会ととらえましょう。

おそらく、日々の生活の仕方や、物事への姿勢など、何かのバランスが乱れているはずです。その部分を、改善していき、エネルギーの配分をあるべき状態にもどしていくことで、よい睡眠をとることができるようになれば、

低い次元とも、引きあわなくなっていくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました