守護霊は、オーラに映って見えたり、頭の中に見えたり。

守護霊の姿を、霊視する場合は、「オーラ」が霊的なスクリーンとなり、そちらにお姿があらわれます。

位置としては、だいたい「頭の上」か「背後」となると思います。

そういう位置関係にあるためか、守護霊のことを「後ろにいらっしゃる方」などと表現することもよくありますけれど、守護霊がいるのは霊の世界であり、

自分の背後の、この世という次元に、守護霊が存在しているのではないです。

守護霊がいる場所は、霊界です。

たとえば「あなたにこういう守護霊がついていて・・・」という表現からイメージするのは、自分の周囲に、霊がいる構図ではないでしょうか。

しかし霊的な関わりというのは、物理的な距離の近さがなくても行われますから、守護霊は霊界にいながら、この世の自分を見守ることができます。

オーラをスクリーンとして、映るように見えてくることはありますが、それはその場所にいるのとは違います。

この「オーラに映っていること」と、「霊界にいること」の、関係性を理解するためには、「テレビの中継」に置き換えてみるとわかりやすいです。

たとえばテレビの画面に、総理大臣が映っているとします。

物理的に存在している場所は、東京の国会議事堂です。そのようすを、テレビに映しているのであり、自分の家のテレビの画面のところには、総理大臣はいませんよね。

それと同じで、守護霊の姿がオーラに映ったとしても、どこにいるかといえば、「霊の世界」なのです。

オーラは、スピリチュアルなエネルギーをやりとりする、発信器であり受信器でもあると、よくたとえとして使っている表現なのですが、

エネルギーそのものを受けとる働きもありますし、

このように、エネルギー体を映し出す働きもある、ということです。

これは、対面で守護霊の姿を拝見する場合です。

電話とか、対面しない形の場合は、霊能者の「頭の中のスクリーン」に映してとらえることになります。

この場合も、どちらかといえば、後頭部のスクリーンなので、ここからも「後ろの人」という表現の関連は、・・・幾らかはあるのかも?しれません笑。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント