合う傘は、残るのだなあと思いました。。。

この記事の、日傘の件。

行くべき人のところへ、いくようになっている(その2)。
以前に、日傘がなくなったことを記事にしました。 物とのご縁というものがあって、以前の傘はふさわしいご縁のある人のところへ行き、私は、改めて傘を買い、とても気に入ったという内容です。 ところが。 この傘も、また、なくなりまして(-_-)。同じ場所で。 ...

自分と合わないものは、手元からはなれていき、合うものは残っていくということを、さらに実感した出来事がありました。

ある日、日傘をもって外にでて、5分ほど経ったところで霧雨がふってきました。

傘をさすほどでもない程度であり、すぐに止みそうでした。「この傘は晴雨兼用だから、これ以上降ってくるなら日傘をさせばいい」と思いましたが、同時に「でも、雨傘をとりに戻ったほうがいいかな」とも思いました。

5分の距離というのも、戻るか進むかの判断が微妙なところですが、結局、戻ることにして、日傘を置いて、ビニルの雨傘をもちました。

傘をさすほどでもない雨でしたが、せっかく持ってきたのだから使うことにして、傘をさしてしばらく歩いていたところ、

強風が吹いてきた瞬間があり、ちょうど風を、傘の内側で受けとめてしまう格好となり、傘は裏返って曲がり壊れてしまいました(>_<)

買ったばかりの日傘じゃなくてよかったのですが、ビニル傘に替えたところで、この出来事が起こったので、

「合うものは、残るようになっている」ということでもあり、

「こうなる予感があったから、傘を変えたくなった」のかな、と思いました。

何かいろいろと、面白い経験をさせてくれる?傘なので、まもなく日傘の季節がおわってしまうのが惜しいような、そんな気持ちになっています。

コメント