布にも、エネルギーがつくので。

私は、衣類を洗濯する回数が、かなり多いほうだと思います。

リーディングという作業で、他人のエネルギーの振動に自分の波長をあわせていくことを行うので、

そうすると、そのときの(本来の自分とは違っている)振動のエネルギーが、

身につけている布について残る、という感覚がでてきて、

「着続けていると疲れる」ので、着替えの回数が多くなります。

自分が身につけている服ですから、他人のエネルギーが、くっついたものではないです。

自分が放ったエネルギーなのだけれども、「他人の振動にダイアルをあわせて、その振動で動いたときのエネルギー」なので(リーディングをするというのは、そういう作業になります)、

いつもの自分の違う振動のエネルギーがついている布が、自分の身体に近いところにあるというのがストレスになります。

私は、綿や麻などの、天然繊維の洋服が好きです。さわやかさと、あたたかみの両方が感じられて着心地がよいからです。 スピリチュアルに関心がある人や、エネルギーに敏感な人は、同じような印象をもつ方も多いでしょ...

私は、エネルギーがつきやすい天然繊維の洋服が多いので、なおのことそうなるのかもしれないです。

リーディングをおえて、自分自身の振動はもとにもどっても、

布からそれが抜けていくまでにしばらく時間が掛かりますから、

たとえるなら、サイズが合わないものを無理にきているような、季節感が合っていない、気温とあわない服装をしているような「何か違う」感覚になるというか。

リーディングの最中は、同調しているのでそこはまったく気にならないです。作業がおわって、自分の本来の振動に戻ったときに、差が大きく認識されてしまうのですね。

この感覚になるのは、リーディングをしているときだけです。

たとえば、外に出掛けて他人と関わる機会があっても、自分のオーラというエネルギーが、クッションになり、バリアーにもなってくれますから、着ているものに違和感を覚えるまでにはならないです。

けれど、リーディングは、その自分のオーラというクッション自体を、相手側に同調させるような作業なので、そこが理由なのでしょうね。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加