進む道はいつも、明るい光で照らされている。

自分と守護霊は、たましいの領域で深くつながっていて、

この世で自分がなそうとしている頑張りを、霊的な観点からのサポートで、協力してくれたり、支えてくれたりします。

そういうしくみがあると、頭ではわかっていても、

自分の思いどおりにいかず、結果がついてこない状況になれば、

「自分のやっていることは、守護霊が支持していないのか」、「自分は無意味な行動をしているのではないか」と、不安で心が占められるかもしれませんが、そうした心配はしなくて大丈夫です。

自分と守護霊は「自分」と「自分」といえるくらいの深い繋がりがあり、そうした迷いも含めて、常に見守られています。

そのことを理解し、その上で、

自分の意思で、自分の人生を作っていくという姿勢になることが大事です。

けれど、守護霊がサポートを与えてくれているのは、自分が、この世での学びの経験をしっかり推し進めていくことのサポートですから、

自分の性質に合っていることをして、

守護霊がしっかりと見守っているとしても、

ものごとを成すプロセスにおいて、相応の困難には直面するものです

それが、この世で人としていきることの、物質的、現実的な学びであれば、それをこえていくために必要なのは、自分の「行い」です。

または、この世的な「時間」というしくみも関連するかもしれませんし、

同じく、この世で学びをしている「他人」の存在も関連してきますから、

簡単にはいかない理由は、たくさんあるということです。

そうした、現実的な視点をもった上で、霊的な視点を加えていくなら、

迷いの霧は晴れていき、

進む道が、明るく照らされていることに気づきます。

その道を、再びしっかりと歩いていこうという意思をもったなら、その道のりは、守護霊がしっかりとサポートをしていくでしょう。

いつでも、進む道をくもらせているのは自分の心で、

本当は、常にそこに明るい光が与えられているんですよね。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました