守護霊がみているのは、もっと「大きな範囲」のところです。

スピリチュアリズムの知識がついて、すべての人に守護霊という導きの存在がいるという知識がつくと、

守護霊が、自分に「何を望んで」いるか、守護霊が示す「正解」となるのは、どのような行いなのかと、いろいろ気になるものだと思います。

最初は皆、そういうことが気になります。

真面目な人ほど、自分が守護霊の意図と違うことをしてしまわないように、しっかりと期待に応えなければと、複雑に考え過ぎてしまうのです。

ですが、守護霊というのは、この人生の学びがしっかりと進んでいくための、霊的な観点からの導きを行う立場なので、現実の事柄のひとつひとつに、こうしてほしい、こちらを選んだらいいと、事細かな見解をもったりはしないことがほとんどですね。

守護霊の意識の焦点は、もっと「大枠」のところにあっていて

その人がたましいの領域から備えてきた、経験すべきことがきちんとなされていくように、または、発揮すべき力が望ましい形であらわせるように、

学びがしっかりと進んでいくための、必要に応じたサポートを与えてくれるということです。

守護霊と自分は、たましいの大元(グループソウル)が同じですから、とてもよく似ている性質をもっています。

中身が共通している「大きな自分」と「小さな自分」がいるよう関係性ともいえます。

こちらの世界にいる「小さな自分」の感覚では、「この選択はAで大丈夫かな」とか「Bの問題の正解とは?」ということが気になりますが、

あちらの世界にいる「大きな自分」である守護霊の感覚では、「その経験から何をみにつけるのか」「どのように思考と行動をしていくのか」というような、もっと広くて深い観点での、導きを行っているということです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント