守護霊との繋がりは、実感や体感はしにくいです。

「守護霊と繋がるためには、どうしたらいいか」というご質問をいただくことが、ときどきあります。

まずしくみから説明すると、守護霊とは、自分とかけ離れた別人格がいるのではなく、「自分とたましいの大元が同じ」であるので、繋がりは常にあります

この人生のはじめからおわりまで、守護霊との繋がりが切れることはありません。というか、人生が「はじまる前から」の繋がりで、「おわった後」も繋がりは存在します。何しろ「たましいの大元が同じ」であるからです。

しかし、この質問をいただく場合の聞きたいことは、たぶんそういう意味ではなくて、「守護霊との繋がりを(頭での理解だけでなく)実感をしてみたい。そのためにはどうしたらいいか」という意味なのだろうと思います。

そのお気持ちは、よくわかるのですけれど、、、

守護霊との繋がりを「実感」「体感」するのはとても難しいです

なぜなら、守護霊とは「自分ととても関係性が近い、自分自身ともいえるくらいの存在」であるためです。

何かの刺激を「感じる」という感覚は、いつもと違う何か、通常とは別の何かが伝わってくるということで、いわば「違和感のようなもの」ですが、

守護霊は自分自身ともいえるくらいの存在なので、「違いのある何かという感覚」は生じにくいですから。

たとえば他人同士なら、仲が良くて、価値観も似ている相手に、「とっても親近感がわく」とか、「彼とは他人である気がしない」など、いろいろな印象を抱きますよね。

似ているといえども、やはり他人ですから、お互いの間に「開き」があるからそう思えるのです。

自分が自分に、「自分って親近感がわくなあ」とか、「自分とは他人である気がしない(当たり前ですよね笑)」などと、いちいち思わないし、思えないように、

守護霊とは、自分自身でもあるので、殊更の実感や印象は作られにくいものなのです。

それでも、たとえば、ものごとの進みがとてもスムーズになったり、予想以上に結果が大きくなったり、こうなるとは不思議だなーと思える状況になるときに、

自分に何か大きな力が加わっているような、内側からそれが増しているような、なんともいえない感覚が生じてきて、

根拠などは何もなくても、自分を信じていられる感覚の延長として、守護霊の存在を疑いなく信じていられる状態になれることがあるものです。

そのように、自分自身の生き方や行いを通して、「観念」としての「わかり方」をしていくことはできますね。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加