今いる場所で、できることをする。

9月6日の、北海道胆振東部地震から一ヶ月以上が経ちました。

その前後にも、全国各地で大雨やら台風やらの被害がでていて、今年は本当に自然災害が多いことに驚かされます。

国外も、インドネシアで大きな地震がありましたね。地震直後に報じられた、なくなられた方の数は、数十人くらいと出ていたように記憶しているのですが、時間とともに桁が大きくなっていき、大変な被害になっているようです。

そうしたニュースをいろいろ見ることで、日本という国は、世の中の「しくみ」が整っていること、とても恵まれた環境で私たちは過ごしていることに、改めて気づかされた思いでした。

大きな災害があっても、必ず救助がやってくる。そのことを、疑いなく信じていられるしくみが整っていることは、これは素晴らしいことなんだと、改めて気づきました。

私は、外国にいくことなどまずないですが、もしも外国で災害にあったとしたらと考えてみると、何がどうなるものか想像がつかないです。現地の被災された方達だけでも大変な状況になっていることからすれば、相当な混乱になりそうな気がします。

けれど、日本国内でなら、外国人旅行者の方だけが困るようなことにはならず、救助もなされるでしょう。そういう心配をしないでいられる環境が自国にあるということは、これはすごいことなんだな、と。

私たちは、こうした恵まれていることに慣れすぎていて、

これらを、当たり前と思っているところがあるけれど、

何をひとつとっても、前もって準備したり、システムを整えたりしているたくさんの人がいること、それらが構築されるまでの歴史があることを、忘れてはいけないなと思いました。

スピリチュアル的にいえば、この人生とは、たましいの学びという目的があり、この世は学ぶための場所で、「誰もがそれぞれ、学びの目的に見合った環境を選んで、この世にやってきている」というしくみがあります。

この世が、学ぶための場所、学校であるとすれば、「現代の日本という恵まれた環境に生まれてきている私たちは、相当に校風のいい学校で勉強している立場である」と、ご相談者さまに説明することがあるのですが、

私自身も、改めて、そのことを深く考えさせられました。

恵まれているこの環境に、ただ安住するのではなく、「この環境だからこそわかることをいかし、できることをあらわしていく」生き方をしたいものだとも、思いました。

この気づきを忘れないでいたいと思います。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加