メールの相談文の上に、メッセージが「重なる」ことがある。

私の場合、スピリチュアルなメッセージ性のあることをキャッチするのは「夢の中」と「本を読んでいるとき」に多い、

という内容を書いたのが、こちらの過去記事になります。

私は、「眠っているとき(に見る夢)」と「本を読んでいるとき」に、スピリチュアルなメッセージ性のあることを、キャッチしやすいようです。 今回は「本を読んでいるとき」に、ときどき起こる現象について書いてみま...

記事内にあるとおり、「読んでいる本の内容として、そのとき必要なことが書かれている」のではなくて、

本を媒体として、または、本の頁をスクリーンとして、私の脳内に「別の紙が一枚、重なってくる」かのように、必要なことが伝わってきます。

たぶん、本の中にある何かの「単語」が、私的な「スイッチ」となって、その現象が起こっているような気がしています。

こうした現象は、リーディングセッションの相談文を、メールでお送りいただいた内容に対しても、しばしば起こります。

メールの内容の文字に、別次元にある(文字の書かれた)紙が、重なってくるように伝わる、というような。

私の鑑定は、基本的には「オーラ透視」と「波長をとらえる」形式なのですけれど、こうした形で「本を読むように伝わる」面もあるので、

鑑定とも、カウンセリングともよばずに、「リーディング」という表現にしています。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加