前世でつちかった経験を、今世でいかすためには。

相手の気持ちを推察できるか、どのくらいの精度でそれができるか、という点には、過去の経験値の多さや深さが関連しています。

今世の経験値ももちろんのこと、前世の経験値も含まれます。

回数の多さも、バリエーションの広さも関係しますね。いろんな国で、いろんな職業で、いろんな生き方を重ねているたましいほど「経験済み」のことが多いですから、物事にも人の気持ちにも推察がたてやすくなります。

そういうものをうまく活用していければ、今回の人生が、より豊かで深みのあるものとなっていくでしょう。

天使之姿をしている女性

前世で培った経験値を、今世で役立たせるためには、それを使う機会、または、眠っているものを目覚めさせるための、きっかけとなるできごとが必要になります。

前世で豊富な経験を重ねている人でも、ただ「持っている」だけでは活用できず、そのことが必要となる状況に直面し、力をつかっていく経験をすることで、備えているものが引き出されやすくなっていきます。

たとえば、タンスに外出着があっても、外出しなければそれを着る機会がないままになるのと、同じようなことですね。

今世での、いろいろな行動が、自分の中にあるものを、刺激してくれる要素になります。

今世でさらに経験値をストックするためにも、前世の経験値をアクティブにして活用するためにも、いろんな経験を重ねていくこと、行動することは大事だということです。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加