体を動かすことは、インスピレーションの解釈を助けることになる。

アイデアがたくさんひらめく人や、インスピレーションをうけやすい人は、オーラの形状が特徴的で、アンテナが伸びるかのように「上部に伸びている」形状になっています。

ひらめきが「おりてくる」という表現を使うことがありますけれど、たしかに、オーラの形状からも、そうした着想やインスピレーションは「上からやってくる」ものなのだなあと思います。

また、「自分の中に、落とし込む」という表現もありますよね。抽象的な発想などを、具体的な行動や手順として適用していくことや、そのことを理解して使えるようにしていくことをあらわします。

こうした表現は、エネルギーの動きと揃っているようです。

上からくるものを、下げていくことになる。

ひらめきなどの形がないエネルギーは、上からやってきて、自分のオーラの上のほうで受けとめたものが(この段階では、おそらく自分では実感がほとんどない)、

だんだん下にくることで、物質次元と近くなっていき、より具体性が増していくようになります(この段階になったときに、はっと「気づく」という反応が起こります)。

上にあるものが、下がっていき、具体的になっていくことを促すには、「動き」「振動」を与えることが必要です

何となく外を歩いているうちに、ふと面白いアイデアがうかんできたり、考えがまとまったりすることがあるものです。あれは、歩くという連続した振動で、上にあるものが下がってくるためなのでしょう。

私自身も、そういう経験はよくあります。

こうした動きとは、縦長の容器の途中でものが詰まっているときに、外からトントンとはじいて刺激をあたえると、中身が下がってくるのと同じです。

そして、下がっていく動きの摩擦によって、私たちにも「反応という感覚」が内側で生じ、何かがわかったり、気づいたりするのでしょう。

日常のいろいろな「作業」「行動」はすべて、このように、上からうけとるひらめきを、下へと下げて具体的にしていくために役立ちます。

というしくみを知ると、日々の生活上の動きにも、やる気がでてきますよね。

私は、長距離を歩くときにふと「今回は、何か面白いこと思いつくかな?」などと考えて、行動のモチベーショにすることもあります。それほど本気で期待しているわけでもないですが、気づくことがでてきたり、抽象的だったものが言葉としてまとまってきたり、結構いろいろあります。

★★★人気ブログランキングに参加しています!

スピリチュアル全般直感、霊感、霊能力
スポンサーリンク
記事を書いている人
リカコ

スピリチュアルなブログを書きつづけて11年になります。記事数は1700以上、1日あたり7000~8000PVくらい読まれています。インスタグラムをはじめてみました。

リカコをフォローする
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました