前世と同じような経験をしたり、違う経験をしたり。

まもなく、今年がおわっていきます。私たちは「一年」や「年度」の区切りで、ものごとの動きをとらえることが多いですが、

それは認識しやすさの目安であり、実際のものごとの動きは、そうした区切りにとらわれず続いていきますし、重なっていきますよね。

ものごとが、スタートする時期も、おわる時期も、別に、年始や年度の区切りとは揃っていないことが普通です。

人が何度も生まれ変わる「たましいの旅」も、このようなしくみで進んでいくもののように思います。

前世、今世、という区切りは、この世の出来事でいえば、年明け、年度替わりのようなようなもので、

たましいの学びは、生まれ変わりを重ねて「続いていく」ものですから、学びの内容が一段落というタイミングがどこでなされていくかは、人それぞれなので、

「今世の内容が、前世の経験の続き」のように展開するケースもあれば、「前世とはあまり関連しない、新しいことをする今世」になるケースもあるという、あらわれの差が生じるのだと思います。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

前世
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました