感じるセンスは、呼吸の「深さ」と関連がある。

霊感的なセンスには各種あり、そのひとつに「体感覚として感じる」というあらわれがあります。

たとえば、何かのエネルギーに反応して「ビリッ」と電気のような刺激を感じたり、「暖かさ」「冷たさ」などの体感や反応が、自分の中に起こったりします。

体感覚のセンスは、胸の位置にあるチャクラと関連があり、同じく、胸の位置で行われる「呼吸」との間にも、密接な関連があります。

深い呼吸をしているときは、その人がもつ「感じるセンサーの幅いっぱいで、自分のエネルギーが動いていく」ので、体感覚が生じる対象の範囲も、広がっていきます。

浅い呼吸になってしまうと、その人がもつ「感じるセンサーの幅のうち、一部分だけで自分のエネルギーが動く」ので、体感覚のあらわれも、狭い対象となります。

深い呼吸をしていくほど、感じるセンサーの対象が広がりますし、センサーの作用も安定して発揮されるようになります。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加