自分の理解者は、自分自身。

雲の中で座る妖精

自分の一番の理解者は、自分自身です。他人は、自分ほどには自分を理解してくれないものです。それは、自分が軽く扱われているということではなく、関心をもたれていないということでもなく。

価値観が違っている「それぞれ別のたましい」ですから、解釈の仕方も、思い入れの度合いも、やはり同じにはなりませんね。近い間柄でも、似ている部分があっても、そういうものです。

少しでもわかってくれたら十分ありがたい、というくらいでとらえていけばいいのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました