目的をはっきりさせれば、継続しやすい。

春の公園で木の下にいる少女

ものごとを発想する力は大きく、動きだせる勢いも強いのに「動きの持続が苦手」でうまくいかない人がいます。

思いついたアイデアの斬新さや新鮮さという「いつもと違うエネルギーに向かっていくことが好き」なタイプの人です。

そういう人は、自分が思いついたアイデアのとおりに動いてみたいという強い衝動がある(ので、スタートには積極的になる)けれど、

では「現実として、その事柄を達成していくことの目的は何か?」という部分が、自分の中で明確になっていないので、動きだすモチベーションはあっても、持続するモチベーションが存在していないのです。

そのことを達成したとしたら、具体的に何がどうなるのか。

自分はそのことを、どのようにしたいのか。

この点を改めて考えてみるといいですね。

たとえば、そのことをライフワークとして長くやっていくものにしたいとか。仕事の成果に結びつけたいとか。世の中の誰かが、楽しみをもつことができる機会をつくりだしたいとか。

やろうとしているそのことの、向こう側にある、具体的な目的とは?ということを意識しながら行動をしていけば、長く続けていくことを助けるでしょう。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加