借りをつくったら、その分、お返しをすればいい。

他人からの親切を、「受けとることが怖い」という感覚になりやすい人がいます。

相手が申し出てくれたということは、自分のことを気にしてもらえているということですから、それはとてもありがたいと思い、そして、実際に手を貸してもらえたらとても助かるという事実があっても、怖れによる抵抗感が、受けとることを難しくしてしまいます。

自分が受けとること、してもらうことは、少なからず相手に負担を掛けますよね。相手がそれをあまり気にしていないとしても、何の負担も発生しないわけではないですから。

そういうことがとても気になって、「自分が相手に負担を与えると、相手に申しわけないと気になってしまう」人は、自分ひとりで頑張ることの大変さのほうが、そうした罪悪感をもつよりはマシだと思ってしまうことがあります。

こういうケースでは、以下のように考えてみてはどうでしょう。

すべての人は、この世を生きていく中で、必ず、何かの形で他人の力を借りながら生きていくことになります。

たとえば、衣食住の環境にしても、それらが自分の手元に届くまでの中間的な作業もふくめれば、相当の部分で、他人の力に助けられながら過ごしています。

そうした「他力」を、借りだととらえるならば、無意識の部分も含めて、相当に借りをつくって過ごすことになりますよね。

ということは、借りを作らないようにと、なるべく自力で、親切も受けとらずに過ごしたとしても、・・・それは、自分がこの世で過ごしていく中で、自然と付くってしまう借り(関わりができる他力など)のうちの、100が、95になる程度のもので、あまり変わらないという可能性もあります。

生きている以上、借りは作られてしまうものです。

他力を、借りとするなら、ということですけれども。

ならば、借りをつくることを避けようと頑なになるよりも、「借りて、返す」=「借りるけど、ちゃんと返す」という考え方のほうが、お互いのやりとりを停滞させることなく、スムーズな流れが作られていくように思います。

★★★
人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加