人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

他人の目線というエネルギーが気になる、敏感な人は。

とても敏感な性質の人は、小さいことを気にして、自分の行動範囲を狭くしてしまうことがあります。 その中には、「人から、やたらと見られている気がする」という不安をもってしまうケースがあります。 しかし、実際に「見られている」としても「そのことに、あまり深い意味はない」とも...
0
人間関係、コミュニケーション

自分を軽く扱っているのは、誰なのか。

他の人たちよりも、気が利き、先回りの思考や行動ができる人で、なおかつ、優しい性格をしている人は、 「自分が、他の人よりもちょっと多めの負担を抱えることで、その場がうまくまわったり、他の人が楽になるなら、それが善いことだ」と考えるところがあります。 確かに、先回りした配...
0
オーラ

頼られることが多いのは、「大きなオーラの人」。

やたらと、頼まれごとが多いとか、あてにされる、期待される、「あれをやって」「これをお願い」といわれやすい人は、 おそらく、平均よりも大きなオーラをしています。 オーラの大きさは、影響力の大きさにもなるため、積極的な人や、行動的な人は、その影響力の作用を大きくあ...
6
人間関係、コミュニケーション

年齢差のある人間関係が、かみあわないときの考え方。

親子の関係、会社内での上司部下の関係など、年齢差のある上下関係における意思疎通がスムーズにいかず、悩まされることは多いものです。 「ちょっと想像力を働かせて相手の立場になればいい」と、第三者からは思ってしまうものですが、しかし、当事者となってみると、そうした考えになるのは、...
0
人間関係、コミュニケーション

違いがあるだけでは、対立は生まれない。

人間関係で、「対立が生まれる状況」とは、「お互いの主張に、違いがあるから」ではありません。 違いがあるだけでは、対立にはなりません。 たとえば、山田さんと、田中さんと、好きなものが違い、考え方が違っていても、それで対立には(必ずしも)なりませんね。 対立というの...
0
人間関係、コミュニケーション

「自分の行動範囲が狭い」から、相手の欠点ばかりが目につく。

この世のすべては、同じものが引きあうしくみ「波長の法則」によって展開していて、「人間関係の繋がりも、同じ要素をもつ人同士が集まる」ようになっています。 このことをわかっていても、「自分の周囲にいるのは、嫌な性格の人ばかり」と思ってしまうことが、あるものではないでしょうか。 ...
0
スピリチュアル全般

ラッキーパーソンとなる相手との、エネルギー的な関係性。

「あの人と一緒にいると、とても運が向いてくる」とか、「一緒にいるときに、不思議とよいことが起こる」という、ラッキーを引き起こす人間関係があるものです。 または、自分が特定のある相手にとって、そうした機会を引き寄せたり、力を与えることになる場合もありますね。 こういうラ...
0
スピリチュアル全般

成長著しい時期の、人間関係の不思議さ。

人生のうちで、とりわけ大きな変化が上向きになされていく「成長著しい時期」があり、そういうときは、「伸びる力」「上がる力」が大きいので、周囲の他人をもまきこんで、一緒に成長していくことができます。 自分が上がっていく力で、相手をもまきこめば、相手の成長を助けることにもなります...
0
カルマの法則・波長の法則

ペースが合わないとは、備えている波長の違いから生じる感覚。

「あの人とは、どうも行動のペースがかみ合わない」とか、「あの環境では、自分のペースが乱されて疲れる」という表現で、物事の進め方や、認識や解釈などの、速度の違いをあらわすことがあります。 あるひとつの出来事に対しての印象ではなく、その相手のなすこと全体への印象として、「あの人...
0
人間関係、コミュニケーション

大きな変化の刺激を好む人が、家族や友だちにいる場合。

どのような事柄に価値を覚えるかは、人により違いがあります。 これはもう本当に千差万別で、人の数だけ違いがあるようにも思います。 その中には、「大きな振り幅の変化が心地よく、小さい変化には価値を見いだすことができない」タイプの人がいます。 そういう人は、常に「非日...
0
スポンサーリンク