人間関係、コミュニケーション

オーラ

運動や行動をしている人のオーラは、好印象を与える。

オーラのようすとは、自分自身のあらわれです。 日常的に、運動をする習慣をもっているとか、体をよく使う仕事であるとか、出歩く機会が多いなどの、「運動」「行動」をたくさんしている人のオーラには、 特有の「躍動感」があらわれて、 関わる相手へ、好印象を与えることが多い...
2
スピリチュアル全般

自分の器を大きくして、波長を高める方法。

人と関わる機会は「自分の器を大きくして波長を高める」ことに繋がります。 人とのやりとりは、エネルギーのやりとりでもあり、自分のエネルギーが相手へ届き、相手のエネルギーを自分が受けとることとなりお互いに影響を与えます。 それぞれ放つエネルギーの振動に違いがあるので、自分...
0
オーラ

新たなエネルギーを、お互いに分け合える人間関係。

人との関わりとは、オーラ同士の関わりとなります。 お互いのオーラが重なって「影響を与えあう」ことになりますし、 お互いのオーラの関わりによって生じる「新たなエネルギーを、お互いに分け合う」こともあります。 人間関係とは、何かしらの現実的な目的があって関わりをもつ...
0
スピリチュアル全般

相手を思うエネルギーは、相手へ(一部分は)届く。

「こんなふうになったらいいな」「この件はどうなるかな」などと、私たちは日々いろいろなことを「思い」ますよね。 「思うこと」は、「エネルギーを作り出すこと」でもあります。 発言や行動のようには、表にあらわれないため、思うことは、内側のみで発生して、そのうち消えていくもの...
2
人間関係、コミュニケーション

自分を変えると、関係が変わる。

人間関係において、相手の側に、常識的ではない態度や発言がみられた場合、もうちょっと何とかならないものかと、口を出したくなりますが、 実際のところ、「相手を変えることは難しい」ものです。 しかし、相手を変えることはできなくても、「関係」を変えることはできます。 人...
0
オーラ

明るく輝くオーラでいることは、周囲の人の助けにもなる。

人との関わりとは、お互いのオーラ同士の関わりでもあります。 距離が近い関係であるほど、オーラがふれあう機会も多くなり、やりとりするエネルギーのボリュームも増えることになりますよね。 自分のオーラが明るくなっていけば、その作用は、自分と近い距離にいる相手にも及び、 ...
0
人間関係、コミュニケーション

今の自分にあった広さの、行動範囲をもつこと。

横柄であるとか、嫌みばかり言うとか、一方的な要求ばかりしてくるような人との関わりが多いときは、「世の中って、嫌な人ばかりだな」と思ってしまうものです。 けれど、それは「自分の周囲にいる人たち」に、嫌な人が多いというだけで、本当の意味で「世の中」全体をとらえるならば、いろんな...
0
スピリチュアル全般

人と関わる機会を、ふやしていくことの効果。

自分をさらに成長させようとか、日々をより充実させていこうという目的をもち、そのために必要な行動を重ね、たくさん努力をしているのに、 結果に反映してくる兆しがまったくみられないときは、「人と関わる機会が少ない」のかもしれません。 人と関わる機会をもつこと、人がいる場所へ...
0
人間関係、コミュニケーション

気配りしすぎているなら、度合いを薄めていくのがいい。

いつも他人に気配りをしていて、疲れてしまうので「今後は、一切こういうことをやめよう」「お人好しを卒業しよう」と決めても、たぶん、いきなりは望む状態にならないと思います。 少し時間をかけて、ゆっくりと、やりすぎにならないペースをつくっていくといいでしょう。全部をやめるのは、き...
0
人間関係、コミュニケーション

新しい人間関係を望む気持ちを、大事にしていく。

ある程度の年齢になると、新しい人間関係は、自然には増えていかなくなります。 自分のほうから、人付き合いを増やそうとして意識した行動をとらない限り、ほぼ同じくらいが維持されるか、減っていくことのほうが多いかもしれません。 若いうちの人間関係は、何もしなくても広が...
0
スポンサーリンク