直感、霊感、霊能力

直感、霊感、霊能力

「痛いほどに、わかる」という表現。

先日、たまたまテレビから、懐メロらしきものが流れてきて、歌詞に「なんたらかんたらで~、痛いほどわかる~」という部分がありました。 「その人の状況や経験などから、きっとこのような気持ちだろう」と、自分もよくわかる、という状態の説明として、使われる表現ですよね。 意味とし...
0
直感、霊感、霊能力

気配や、雰囲気を察知するセンス。

人は皆、オーラやエネルギーから情報をキャッチするセンスを備えていて、自然とそのセンスを日常で活用しています。 たとえば、自分の背後に誰かが近づいてきたときに、何の音もたてていなくて、(後ろからきているため)その人の姿を視界でとらえていないのに、「人がいるという、気配...
0
スピリチュアル全般

夜の思考はアイデアが広がり、朝の思考はシンプルで現実味がある。

しっかりと睡眠をとった朝の思考は、とても冴えていて、有意義なものとなることが多いものです。 夜の遅い時間も、確かに思考が冴えます。しかし、現実的ではないことも、現実の事柄と同じようにとらえた思考になってしまうのが、この時間帯の特徴です。 思考が冴えて、どんどん広がって...
0
直感、霊感、霊能力

兄弟の中で、長子に霊感の強さがみられるケースは多い。

統計的に、兄弟の中で長子の方が、比較的霊感が強い傾向があるようです。 または生まれた順番は問わず、その中で(立場として)長子的な役割をしている方に、そうした傾向が見られることが多いようですね。 あくまで「多い」ということであり、必ずそうだということではないし、...
0
直感、霊感、霊能力

直感力。

霊能力の種類を大きくわけると、「みる」「きく」「感じる」「わかる」があります。もちろんもっと細かく分けられますし、種類もたくさんありますが、代表的なものをあげています。 1,「みる」について書いた記事 2,「きく」について書いた記事 3,「感じる...
0
直感、霊感、霊能力

クレアセンシェンス。

霊能力の種類を大きくわけると、「みる」「きく」「感じる」「わかる」があります。もちろんもっと細かく分けられますし、種類もたくさんありますが、代表的なものをあげています。 1,「みる」について書いた記事 2,「きく」について書いた記事 3,「感じる...
0
直感、霊感、霊能力

クレアオーディエンス。

霊能力は、大きくわけると幾つかの種類があります。見ることに優れた「霊視力(クレアボヤンス)」が一番よくしられていますね。 それについで知られているのが、聞くことに優れた「霊聴(れいちょう)力」です。 ですが、この霊聴という言葉自体、霊視にくらべると一般的に認識...
0
直感、霊感、霊能力

クレアボヤンス。

霊能力は、大きくわけると幾つかの種類があり、代表的なのは、「見る」ことに優れた力で、日本語では「霊視力」「透視力」という表現がよく使われます。 外国の書物などでは、「クレアボヤンス」という単語が使われている場合もあります。 クレアボヤンス能力を持つ人を、「クレアボヤン...
0
直感、霊感、霊能力

霊能力は、受動的に発揮されることが多い。

霊の姿を視覚にとらえることができたり(霊視)、霊の声を聞くことができたり(霊聴)する人でも、自分の好きなときに好きなように、「これを見よう」「れを知ろう」と、自由自在に発揮できるわけではありません。 「そうする必要があるとき」に、どちらかといえば、霊の側からの主導によってセ...
0
直感、霊感、霊能力

特定の言葉だけが、際だって聞こえる時。

人との会話の中で、ある言葉だけが「大きい音声で強調」されたかのように印象に残って、後になってふりかると、それが何かのヒントになっていた、という経験をしたことがないでしょうか。 自分に合うものを聞き分けて「受信する」センスが高い方は、しばしばそのような出来事を伴って、自分に必...
0
スポンサーリンク