スピリチュアル全般

スピリチュアル全般

植物から、エネルギーをチャージするのが得意な人がいます。

人との関わりは、お互いのオーラ同士の関わりでもあるように、モノとの関わりも、お互いのエネルギー同士での関わりがつくられます。 人にオーラというエネルギーがあるように、動物にも、植物にも、その他のモノにも、それぞれの性質をあらわすエネルギーがあり、波長が近いもの同士はなじみや...
0
スピリチュアル全般

霊感が強い人とは、何がどう強いのかを説明してみました。

スピリチュアリズムでは、人は「肉体をもっている霊的な存在である」というとらえ方をします。人は「霊でもある」ので、すべての人に「霊感」が備わっています。 霊感がどのくらいの強さで備わっているか、どのような方面に発揮されやすいかには個人差があり、霊感がとても強い人もいますし、そ...
0
スピリチュアル全般

音楽を聞くことは、エネルギーヒーリングにもなります。

好きな音楽を聞くと心が晴れやかになったり、楽器演奏を聞くと心が元気になったりするのは決して気のせいではなく、実際にエネルギーレベルでの作用があるためです。音楽を聞くことは心身をいやすエネルギーヒーリングになります。 すべてのものには固有のエネルギーがあります。スピリ...
2
スピリチュアル全般

霊感が強い人が抱えてしまう、特有の「罪悪感」がある。

霊感が強い人は、常に心の中に「罪悪感」「悲壮感」を抱えながら生きている人が多いです。なぜなら、霊感の強さとは「感性が反応する範囲が広い」ということなので、世の中で起こっているあらゆる出来事と、関わっている人たちの苦労や大変さが「まるで自分のことのように」感じられてしまうからです。...
4
スピリチュアル全般

霊感が強い人は、感性の及ぶ範囲が広いです。

霊感の強さとは、感性の幅広さでもあります。感性の及ぶ範囲が「この世的な領域にとどまらず、霊的な領域にまで広がっている」のが霊感が強いということですから、この二つは重なっています。 幅広い感性を持っている人のすべてが、霊感が強いとは限りませんが、 霊感が強い人は...
0
スピリチュアル全般

敏感で影響されやすいオーラの人は、ひとりになれる時間が必要です。

オーラの質感が細かくて、影響を受けやすくて揺らぎやすい人は「自分と同じ空間に他人がいること」がストレスになりやすいです。親しく会話をするとか、一緒の行動をするとかではなくても、同じ空間を共有しているだけで、自分のオーラを動かされるので消耗してしまうのです。 そうはい...
0
スピリチュアル全般

成長著しいときは、靴や靴下が消耗しやすくなります。

霊的に成長が著しいときは、自分の「エネルギーの出入り」が大きくなります。 いろいろなものを吸収する力が大きくなり、そして(さらに成長すれば)短期間で不要になって排出されるという、この動きを繰り返すことになるからです。 不要となったエネルギーの排出口となりやすい...
4
スピリチュアル全般

窓を開けて、部屋に風を通すことの効果は大きい。

晴れた日には、窓を開けて、風をお部屋に通しましょう。外の風を通すことで、お部屋の中に留まっている空気に動きが作られ、爽やかにリフレッシュされていきます。 部屋に風という「動き」をつくることで、その場のエネルギーがリフレッシュされていきます。そうすると、そこで過ごす人...
0
スピリチュアル全般

モノが多すぎる環境は、エネルギーが散らかっている状態。

お部屋の中に、モノが多すぎるとき「行動をスタートできない」「つい先送りしてしまう」「どうでもいいことに時間を使ってしまう」ことがとっても多くなります。 モノにも固有のエネルギーがあり、その場にいる人に影響を与えます。 ひとつひとつのモノが放つエネルギーはそれほ...
0
スピリチュアル全般

人が立ち去った後にも、オーラがしばらく残ることがあります。

たとえば、誰もいない会議室内や、誰も座っていない公園のベンチで「少し前まで、ここに人がいたのではないかな」という感覚になることがありますよね。これは、そこにいた人が放ったオーラが、(立ち去った後も)しばらくその場に残っているためです。 人が放つオーラは、生命力という活気がの...
4
スポンサーリンク