安心したときのオーラは、暖色系の色。

このブログで取り上げている「オーラの色」についての説明は、大部分が、その人の本質的な性質、移り変わりの少ない部分のオーラについてです。

しかし、オーラというのは、とても複雑なものですから、オーラの色というのは、本質だけを表すのではありません。それ以外にも、あらゆる要素が現れていきます。

たとえば、怒っているとか、楽しんでいるとかの、一時的な「感情」が現れるオーラにも、それぞれ色があります

以前、緊張しているときには、青っぽいオーラが一時的に出てくる、という記事を書きましたが、

緊張しているときのオーラは、寒色系の青い色。
このブログで取り上げている「オーラの色」についての説明は、大部分が、その人の本質的な性質、移り変わりの少ない部分のオーラについてです。 しかし、オーラというのは、とても複雑なものですから、オーラの色というのは、本質だけを表すのではありません。それ以外にも、あらゆる要素が現れ...

緊張が解けてほっとしたときには、青が除かれていき、かわりに、暖色系のふんわりとした色があらわれていきます

オレンジ色のような、オレンジとピンクの中間のような、そんな色が、周囲に広がっていき、オーラの形も緩んで広がっていきます。

(感情のオーラは、「周囲」の色としてあらわれます)

ここでいう安心感の色、というのは、今まで緊張していたものが解消されら瞬間とか、感情が動いて「ああ、よかった、安心した」という状態になったときに、一時的に表れる色のことです。

とくに大きな感情の動きが伴わない、相応にみたされていて「安定している」状態のときには、また別の色があらわれますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました