周囲のものは、今の自分に合っているかを見つめ直す。

この世には、同じ要素をもつもの同士が引きあう「波長の法則」があるので、自分の周囲にあるものごと、品物などは、自分と何かの共通要素をもっていることになります。

けれど、この世には「時間というしくみ」もあるので、自分が思ったこと、行動したこと、成長したことが、周囲に反映していくまでのタイムラグがあり、

今の自分の周囲にあるものの中には、過去の自分と引きあっていて、

今の自分とは、それほど引きあっていないものが含まれてきます。

砂時計に座る妖精

全体のうち、それらが多少あることは想定内ですが、あまりに多いと、過去の引力が自分に働くかのように、未来へ向かって新しいことをしようという動きを押しとどめてしまうことがあります。

所有している「持ち物が多い」人は特に、

物が放つ(過去の自分と引きあっている)エネルギーに影響されて、本心は新しいことをしたいのに「今のままでいい」「後でいい」となって、スタートできないことが起こりやすいようです。

今の自分にとって、何が必要で、何がそうではないか、定期的に見つめ直していくことが大事ですね。

私は、持ち物がかなり少ないほうだと思うけれど、それでも、今の自分とは合っていない(ことに気づいてないまま、所有し続けている)ものが出てくるので、明日は整理整頓をしたいと思います笑。

0

コメント