やりかけのことを、ひとつでもおわらせてみる。

やりかけのものごとがたくさんあるときは、そのこと以外の思考も行動も、不思議と「どっちつかず」「はっきりしない」ことになりがちです。

思っている以上に、自分は、自分の周囲のエネルギーに大きく影響されているものなのです。

牡丹の上に座る女性

やる気はあるのに、行動を起こす状況がととのわないとか、行動すべき事柄が目の前にあるのに、一歩をふみだせないことが続いてしまうときには、

周囲の状況を見つめ直し、やりかけのままになっていること、やろうと思いながらもそのままになっていることを、ひとつでも前進させてみることです。なにごともひとつの積み重ねですから。

周囲のようすがかわると、自分も(影響されて)かわります。

周囲のようすは、自分が、変えることができるものです。

コメント

  1. どらどら より:

    本日、十年以上使っていない銀行口座をやっと解約してきました。
    使わないので解約しよう!と決めてから、はや4、5年(^^;)。
    たま~に思い出しては、忘却の彼方へ。。を繰り返していました。
    今朝、別の用事を済まそうと準備をしていた流れで、この口座の事を思い出し、何故だか『予定の用事を済ますより、この口座の解約を先にやらねば』という気になり、やっと行動できたのでした。
    銀行内での待ち時間に、この口座を使っていた頃を思い出し、しみじみとした気分になりつつ、無事手続きが終わり、帰路へ。
    最近はめっきり聴かなくなったカーラジオのスイッチをふと入れたら、解約した口座を使っていた時期に見ていた、私にとってはとても印象深いドラマの挿入歌が流れだし。。。(ちなみにオーバーザレインボーのウクレレ?ハワイアン?バージョンです)
    驚きつつも、『当時の自分を肯定し、いたわる気持ち』になれたのでした。

    今日の充実感を糧に、次の先延ばし(まだあるんかい;)案件を片付けられるといいなーと思ってます。

    長々と失礼しました。

    • リカコリカコ より:

      どらどら様
      ひとつ区切りがつくと、すっきりしますよね。
      使わない口座であれば、そのままであっても特に、普段の生活は何もかわらないのだけれど、
      気づいているのにやっていない、という事実は、
      地味に自分の「意識のスペース」を取り続けるものなので。

      そして、過去の経験を思い起こして、
      力にしていくこともできなら、二重に意味がありましたね!