サイキック的な力が大きい人は、シンクロも起こりやすい。

サイキックとは、その人自身に備わっている「超能力」的な力のことです。

この力が強い人は、同じことが連続する「シンクロ」も経験しやすいようです。自分の中に、現象を「起こす」「引きよせる」力もあるからです。

幻想的な世界の女王

もう頻繁に、これでもかというくらいに、同じ言葉を見聞きしたり、同じ贈り物が集まったり、同じシチュエーションを経験したり、意味を紐解く時間もない(◎_◎)という状況になるのは、サイキックの力が強い人に多いです。

以前にもとりあげた「美容室できいた話」など、サイキックの力による現象は物理的なあらわれが多いので、物事の連続も起こりやすいのです。

同じことが連続すると、何か意味があるのでは、気づくべきことがあるのではと心配になってしまうけれど、お知らせ的な意味をもつシンクロとは限らず、

サイキックの力がとても大きい人は「自分が起こしてしまうシンクロもある」と理解して、そこは考え過ぎずに流していくことも必要です。

こうしたしくみを理解すると、意識的になることの底上げなのでしょうか、

ある程度、自分でも「意味をもつシンクロ」なのか「たまたまのシンクロ」なのかを、判別できるようになっていくようです。

そうすると楽になりますよね、考え過ぎなくてすみますし、自分の力をいろいろなことにいかしやすくなりますから(^o^)。

コメント

  1. きょうこ より:

    職場で、階段の扉や部屋の入口の扉を開けると、扉の向こう側でも誰かがドアノブに手をかけようとしていて、いきなりご対面となり、ハッとなることが時々あります。
    そして、その相手がいつも同じ人です。
    このシンクロにメッセージ性はないかもしれませんが、ドラえもんのドアみたいで面白いと思いました。

    • リカコリカコ より:

      きょうこ様

      現象が同じ、相手も同じというのは面白いですね。
      お互いのサイキックパワーが引きあっているのかも?しれませんね(^o^)。