人生の転機を迎えるときの、オーラへのあらわれ。

これまでの状態から、ひとつ上の段階にいくとか、次の局面に進んでいく「転機」の時期には、頭のオーラに特徴的なあらわれがみられます。

オーラをふちどるように、輝く色がでているときは、これまでよりも一段上へと進んでいく時期が近い(少し前である)ことを示しています。

花の精

体のまわりをとりまくオーラとは別に、頭をとりまくようにあらわれるオーラの領域があり、こちらは内的な要素があらわれます。転機を迎える時期には、頭のオーラの「ふち」に、いつものオーラの色とは別の、ブライトな色がみられることがよくあります。

ゴールドや、オレンジゴールドが多いですね。中には、青っぽいシルバーの人もいますけれど。これらは色というより、光そのもののあらわれという感じでもあります。

で、そういうオーラになっているときは、ご自分でも「いままでと違うことをやりたくなる」「これまでと同じままでいいのかと迷いがでる」ので、なんとなく、そういう時期に来ていることを、わかっているケースが多いようですね。

お伝えすると、自分でもそんな気がします、納得できます、と

おっしゃる方が結構いますので。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント