オーラが大きい人は、エネルギーを内にためずに「使う」ことが大事。

オーラのようすは、その人自身をあらわすエネルギーなので、オーラが大きいということは、エネルギーが大きいということです。

全体のオーラが大きい人は、存在感や影響力などが大きいことがわかりますし、頭のオーラが大きい人は、内的な要素が発達していて、心豊かな人であることがわかります。

妖精が、鳥かごのカギをあける

エネルギーが大きいことは、一般的にはメリットがあります。ですが、使わないままでいると、エネルギーの大きさゆえに「停滞して重くなりやすい」「エネルギーが内側にたまってしまう」という不調和も、実は起こりやすいのですよね。

重くなると、自分らしい動きができにくくなったり、同様の重いエネルギーを引き寄せたりしやすくなります。エネルギーが内側にたまると、(たいしたことのない出来事に対しても)感情的に爆発してしまうこともよくあります。

オーラが大きい人は、エネルギーが停滞しないようにバランスをとることが必要です。適度に「使う」「いかす」ようにしてください。

関心があることにエネルギーを注いだり、自分の力をいかした活動をしたり、スムーズな流れになっていく方向づけをしていくといいでしょう。

コメント

  1. ともぶぅ より:

    こんにちは。
    以前、リーディングをしていただいた者です。
    その節はありがとうございました。
    私は頭の周りのオーラは更に大きいと教えて頂きました。
    常に頭の中はフル回転で、疲れて眠りに逃げたくなる事が多いです。
    眠りに逃げるより、体を動かしたほうが良いのかなとこの記事を読んで思いました。
    エネルギーを使うとは、とにかく体を動かせば良いのでしょうか。
    今、エネルギーを放出したくて仕方がありません。

    • リカコリカコ より:

      ともぶぅさま

      ただ単純に、現状を変えるためにエネルギーを「排出」「放出」するという目的なら、とにかく体を動かすなりすればエネルギーは分散するのでリセットはされると思います。ですが、エネルギーをためる器が大きければ、いずれ時間がたてば同じことになるでしょうから、

      何か、目的をもって「力をいかす動き」をとっていくことがいいと思います。

      記事内にもあるとおり、

      >関心があることにエネルギーを注いだり、自分の力をいかした活動をしたり、スムーズな流れになっていく方向づけをしていくといいでしょう

      ↑こういうエネルギーの使い方がいいと思います

      • ともぶぅ より:

        こんばんは。
        もう何年も他人優先で生きてきたので自分の事がまるでわかりません。
        「自分を知っている」とは大切なことなのですね。
        教えて頂いたのに、今の私ではスタートすらきることが出来ません。
        自分は何に関心があるのか、自分の力とは何なのか感じるところから始めてみます。それがわかるまでは、せっせと体を動かしてその都度放出してみます。
        ありがとうございました。

        • リカコリカコ より:

          年単位で「他人のため」の動きを優先すると、
          自分のことがわからなくなってしまいますよね。

          そういう場合は、内面にフォーカスするよりむしろ、
          外見とか、服装などの、外側の「モノ」を自分らしくすることからスタートするものありだと思いますよ。
          自分とエネルギーが「合う」ものは、自分に力をくれますのでね(^o^)

          • ともぶぅ より:

            お返事ありがとうございます。
            「感じるところから始めてみます」とコメントした自分を恥じていたところでした。感じられないからわからないのに何が言いたかったのか恥ずかしいです。
            内面で色々と思わず、外見から変わってみます!
            ヘアスタイルやお化粧、服装なら自分が好きなものわかります!
            ゆっくり歩くより颯爽と歩くのが大好きですし、歩くのは誰よりも速いです!
            今、コメントをしながら涙が出そうです。
            自分のことをわかってあげている自分もいたのですね。
            ほんとうに嬉しい気付きでした。
            やりたいと思ったこと何でも動いてみます。
            本日の記事のように肯定的に生きてみます。
            本当にありがとうございました。

          • リカコリカコ より:

            外見からぜひ、何かしらの動きをつけてみてください。
            外見が自分らしくなっていると、自分らしさが増えた状態になります。まずは、その状態になって、その次に、内面にとりくむのがいいのではないでしょうか。
            できるところから少しずつ、自分らしさを増やしていきましょう

  2. 茶太郎 より:

    器が小さいと自覚していますが、不思議とエネルギーが大きいと言われます。よく言われるので検索していると、こちらにたどり着きました。
    私はもとからネガティブ多めの気質ですが、加齢と共に思いを我慢し飲み込むようにな生活をするようになってから心に腐葉土のようなものが積もっている感じがあります。だからか分かりませんが、対人関係では斜めに感じ取り常に敵または間違い探しをしている自分がいます。
    そして不足感、不安、怒りばかり感じています。
    引き寄せなのか、出会う人、出来事も不快なことが多いので閉じこもりがちになりました。
    身体を動かすと爽快でスッキリするのですが、すぐ不快感が充足されてしまいます。
    エネルギーを貯めて滞っているとはこのようなことでしょうか?
    更年期からきている精神疾患かと病院に行きました問題ありませんでした。
    重い内容でもうしわけありません。

    • リカコリカコ より:

      茶太郎様
      エネルギーを外に出さずに自分の内にためていると、「外の刺激に反応すること」にエネルギーがたくさん使えてしまうので、ちょっとしたことが気になったり、ものごとの解釈をいつまでもぐるぐるとめぐらせてしまったり…、自分を消耗させる方向にいってしまいます(>_<) これは誰もがなりえることですが、オーラが大きい人ほど(もともとの容量が大きいですから)度合いも大きくなりやすいです。 これまで「思いを我慢して飲み込むような生活」をしているなら、たまっているのは「思い」「心」と結びつくエネルギーなのだと思われます。それで、身体を動かしても(身体と結びつくエネルギーを出しても)スッキリの感覚が限定的で持続しないのかもしれないですね。 我慢している部分を見つめ直していき、「心を動かすことにエネルギーを出してみる」といいかもしれません!