守護霊は「霊的に進化向上している存在」なので、供養は必要としません。

古代中国の女性

すべての人に、この人生を霊的な見地から見守り導いてくれる「守護霊」という存在がいます。人生を見守り導く役割をするのは、誰にでもできることではないので、守護霊になるような方は、霊的に「進化・向上している」方たちです。

一般的に霊を語るときに「成仏しているだろうか」とか「浄化が進んでいるか」などと気にすることがありますけれど、こうした表現がなされるのは、霊が「この世の次元から、あの世の次元へと移っていく途中」にいるときのことです。

守護霊は、成仏や浄化などという次元はとっくに超えて、さらに「霊的な進化・向上がなされている」方たちですから、守護霊に対して、こちらからの供養などは一切必要がありませんし、そういうことを求めたりもしません。

ときどき、守護霊にお礼をしたいとか、守護霊を喜ばせたいと考える方がいて質問をいただくのですけれど、守護霊が喜ぶのは、守護霊自身に対するお礼や感謝の働きかけではなくて「ご本人がこの人生をしっかりと生きて、霊的な成長をしていくこと」なのです。

コメント