同じ悩みや迷いを繰り返すのは、順調に成長している証拠です。

悩みや迷いがあって考えているときに、ふと「そういえば自分は、いつも同じところで立ち止まって進めなくなっている?」と気づくことがあります。

出来事や相手は違っていても、似たような内容を繰り返しているなら「自分は成長していないのかな?」とがっかりしてしまいそうですが、

むしろ逆で、これは、成長のあらわれです。ある段階まで進んでいくと、「悩みや迷いの内容は同じになっていく」ものなのです。

バラを育てる女性

自分が抱く悩みや迷いを、岩のような「大きなかたまり」に例えると、個別の内容としては、「人間関係」「仕事」「お金」「思うようにならない怒り」「うまくできない苦しさ」など、いろいろなものがあります。

努力をして立ち向かい、前より人間関係がうまくいき、仕事のコツもつかめていくようになると、悩みの「かたまり」は小さくなります。つまり、自分が成長していけば、悩みのかたまりはサイズが小さくなって、より中心に近いものになっていく、ということです。

表面的な悩みを解決したり、乗り越えたりして減らし、それでも残っていくのは「根本的な悩み」です。これらは表面のことと違ってバリエーションはつきません。深いところにある価値観に根ざし、いつもの思考パターンと、いつもの行動パターンが反映した、似たような事柄になるのです。

まだ成長が十分になされていないときは、悩みや迷いの内容はバラバラですが、成長が進んでいくほどに表面的なことに左右されなくなり、意識の向かう先は「中心に揃っていく」ようになりますから、

同じことに何度も直面して立ち止まる状況とは、

その段階まで、進んできている証拠でもあるのです。

表面的な悩みや迷いは、ちょっとの気分の切り替えとか、コツをつかむことで、ちゃっちゃっと切り抜けていけることもあるけれど、さらに進んだ「この段階」になると、この「かたまり」が結構、頑丈になっていてですね笑、簡単には(これまでのような度合では)いかないのですが・・・、

ここまできたら「あと少し」ですから、

じっくりと、腰を据えてとりくんでいくことです。

コメント

  1. どらどら より:

    数年前から、この記事のようにいつも似たような状況で悩んでる事に気付き、『これは、今生の課題の中でも大きなテーマっぽいな』とぼんやり考えていました。
    なかなかクリア出来なくて情けないし、何よりとても苦しく(T_T)
    でも、成長のあらわれと言っていただくと、今までの苦しみを、『充実』と捉える事も出来ます。。。。いや、やっぱり苦しいです(笑)

    あと少しなのかな・・・

    リカコさんのブログに何度も救われてます。
    本当にありがとうございます。

    • リカコリカコ より:

      どらどら様

      表面的な迷いを解決して、中心に近いところまで掘り進んだときには、
      出来事の内容は違っていても「同じパターンの問題」として内容が揃ってきます。

      そこからの解決や改善の方法としては、「同じパターンの出来事が引き起こされるのは、自分の思考や行動のどの部分が関連しているか」という要素にまずは気づくことだと思います。