敏感で影響されやすいオーラの人は、ひとりになれる時間が必要

オーラの質感が細かくて、エネルギー的な影響を受けやすい人は「自分と同じ空間に他人がいること」というシチュエーションがストレスになる場合があります。

親しく会話をしなくても、一緒の行動をすることがなくても、同じ空間を共有しているだけで自分のオーラを動かされる感覚になって疲れてしまうのです。

空をみあげる女性

人と同じ空間にいるとオーラを動かされるのはみんな同じですが、他の人にはそこまでの体感や影響がでないことも、敏感な人にとってはじわじわと気力や体力が削られていく感じがしたり、揺り動かされて消耗したりします。

そうはいっても、社会活動をしていく上で、慣れている家族以外の人とも関わりをもち、学校、会社、交通機関などで空間を共有することは避けられませんから、

受けた影響をリセットする意味で、ときどきは「ひとりになれる場所」で「ひとりで過ごす時間」をとるのがお勧めです。たとえば、他人との距離を広く開けられる公園を賛散歩するとか、隣の席同士が近くならないお店でコーヒーを飲むとか、そのくらいのちょっとの切り替えでもかなり効果がありますよ!

コメント