敏感で影響されやすいオーラの人は、ひとりになれる時間が必要です。

オーラの質感が細かくて、影響を受けやすくて揺らぎやすい人は「自分と同じ空間に他人がいること」がストレスになりやすいです。親しく会話をするとか、一緒の行動をするとかではなくても、同じ空間を共有しているだけで、自分のオーラを動かされるので消耗してしまうのです。

魔法の家と少女

そうはいっても、社会の中で生きていくためには、慣れている家族以外の人とも関わりをもっていったり、学校内や会社内、交通機関などで空間を共有することは避けられませんから、

ときどきは「ひとりになれる場所」で「ひとりで過ごす時間」をとるといいでしょう。他人との距離を広く開けられる公園とか、隣の席同士が近くならないお店でコーヒーを飲むとかの、ちょっとのリフレッシュでも役立ちます。

コメント