低く扱われる状況を変えるには、まずは自分の過小評価に気づくこと。

自分らしい人生を送っていくためには、ものごとを肯定的にとらえて前向きに過ごしていくのが理想的です。ですがなかなかそのようにふるまうことができませんよね。多くの人は、根底に「自分を否定している」か「自分を過小評価」している気持ちがあり、そこを解消しないうちは肯定的になれないものなのです。

否定を手放していけば肯定的になれますが、否定を手放さないままうわべだけ肯定的になっても、「否定ごと肯定してしまう」ことになってむしろカオスになります。根本が解決されないと、どこかで歪みが目立って同じところに戻ってしまうのです。

今回の記事は「周囲から低く扱われてしまう」と悩んでいるとき、実は、自分が自分を過小評価していることが根本の原因という場合があるので、そこを見つめなおしてみましょうという話題です。

マフラー姿の少女

自分を過小評価することは、自分を本来よりも下に置いていることになります。

そうなると、普段の言動がどこか遠慮がちになり、変に謙遜しすぎたり、自分よりも周囲を優先しすぎたり。そういう蓄積によって、なんとなく自分の位置が低く固定され、それに見合った扱いをされます。

自分の過小評価に気づかないと、自分が「そうされている」気分になるけれど、そもそも自分が「そうしている」ことが先にあるのです。

そのことに気づかないまま、低く扱われることを抜け出そうと頑張っても、

自分が自分を下げているうちは、なかなか浮上することができません。

過去記事でも書いてきたとおり、自分を過小評価しているときは、ダメな自分(と思っている)にふさわしい微妙に低めの選択を無意識でしてしまいます。一番の選択をとることができませんから、ものすごーく頑張っているつもりでも力を掛けるべきポイントが合っていなくて、頑張りの度合いほどの効果がつくられないのです。

自分を過小評価していることを変えないまま、自分の評価を上げようという、一見肯定的なことをやっても、「否定ごと肯定している」のではベクトルが揃っていかないということです。

まずは自分の過小評価に気づき、少しずつでも薄れさせていくことが大事です。

自分を下へととどめていた重さがなくなれば、努力がきちんと結びついて浮上していくようになります!

コメント