自分にあてはめている、小さい枠をはずす。

自分が知っている「自分について」「自分のいいところ」は、全体のうちのほんの一部分で、たとえるなら「手鏡に映した自分の姿」ぐらいに限定されています。

自分が知っている自分らしさ以外にも、もっといろいろな自覚していない「いいところ」があり、まだ使われずに眠ったままの「可能性」があります。

大きなサイズの鏡で、自分を見つめましょう

等身大の自分を知ることは、自信をもつことにもつながります。

自分はここまで、自分はこのくらいだろうと、自分にあてはめている「小さい枠」をはずして、のびのびと自分らしさを発揮しましょう!

+46

コメント