非効率で無駄があっても、自分が「楽しい」ことをしてみてもいい。

たとえば、素敵な洋服をきておしゃれをすることも、美しい景色をみるために旅行をすることも、「自分を楽しませるための行動」というのは「非効率的」「無駄が多い」ものです。

自宅で洗えない装飾の洋服をきて、足が痛くなるような形状の靴をはいて、おしゃれな服装をするのは非効率ですよね。美しい景色は、写真でも動画でも見ることができるのにわざわざ時間を掛けて現地にいくのもそうです。

それでも行動したくなるのは、いつもと違う非日常の中や、ひと手間かけることの中に「楽しさ」「満足感」があるからですよね。

新しい何かをしようと思ったら、そのために「時間」「手間」「お金」はある程度は掛かるもので、だからこそいつもと違う刺激が得られます。

ときにはそういう「プチ贅沢」も、自分を楽しませて満たすために大事なことだと思います。今の時代はたくさんの情報と選択肢がありますから、時間、手間、お金を、山ほどかけなくても、工夫することができます。

私は普段から「効率よくやる」ことが好きで、無駄な時間の使い方がすごくイヤなのですが、今のように世の中のしくみがいろいろ変わっていく中では、自分ひとりでの効率化の工夫にも限度があるなあと思うようになりました。最近は以前よりも「無駄を楽しもう」と思えてきて、そうなると「楽」になりますね。

コメント