一番の自分らしさを、出していこう。

なかなか行動できない自分を変えて「もっと自分らしさを出して行こう!」とするとき、まず意識すべきところは、自分への否定を手放すことだと思っています。

なぜなら、その状態で出てくる「らしさ」は、自分にとって一番のそれではなく二番以降の、実は「あまり自分らしくないもの」になりがちだからです(>_<)。

否定を手放し、一番の自分らしさを出せるようにしましょう!

ランプを手に草原を進む女性

これまでもお伝えしたように、自分を否定していると、自分にとって一番の選択をとることができません。歪みの積み重なりで人生が停滞したり混乱したりします。

過小評価しているので、少し低めのもの=合う、自分らしい、

という感覚になってしまうからです。

この状態で思いつく自分らしさは、「それも自分らしさのひとつであり、悪くはないし、合わなくはないが、得意とはいえない」的な、ビミョウなものになりがちです。

それで「勝てない勝負」に行ってしまいます、というか「勝たない勝負に行こうとする」というほうが近いかもしれません。第三者からみると、やりたいのか、やりたくないのか?なんだかわかりにくい状況になります。

こうした行動は最初はよくても続きません。結果が多少は出るが、そこまで大きくはならない範囲にとどまり、本人的には負荷ばかり、他人からの協力も得られません(やりたいのか、やりたくないのかわかりにくいものにはそうなります)。

否定があるとき特有の、思考の配線のもつれをとりのぞいでいけば、ストレートに自分らしさを出したり、自分のしたいことに力を掛けたりできます。他人からの協力も得られるでしょう。

当然そのほうが結果がでるので、納得と満足が積みあがり、より大きなことに向かっていけるようになるのです。

コメント