出すぎた杭に、なるしかない

自分の人生をどんどん充実させていき、ものごとがうまくいくようになり、評価もされるようになっていくと、‥‥‥どうしても「一部の人からは嫌われる」「煙たがられる」可能性は避けられません。

黒い翼の天使と白い鳥

どんなに人に親切にしても、丁寧で質のいい仕事をしても、そういうこととは別の部分で感情的なこじれが出てしまうことはあるものです。他人にそうとわかるような形で成功していくということは、これらを引き受けていくことになります。

出る杭は打たれるという言葉があります。

抜きんでている人は、何かと打たれて妨げられてしまうという意味で、ある程度はそういうものと受け止めていくしかないのですが、わかってはいても打たれてばかりも辛いですよね。

そのとき、打たれないために引っ込もうなどと考えないようにしてください。女性に多いけれど、嫌われないようにしようとわざと力を出さないようなことは、これからの時代にはあわなくなっていくと思います。

さらにもう一段階、出ている杭になっていけば、

嫌われることは避けられないにしろ、あからさまに打たれることは減らしていけると思います。そういうことをしてくる人たちの、視界の範囲よりも一歩外側にいくようなイメージで、前進していくといいでしょう。

コメント