他人のオーラによって、自分のオーラが変わる度合いは大きい。

先日、「頻繁に身につける洋服の色は、オーラの色に反映することがある」という内容の記事を書きました。

洋服の色からも、少し、オーラの色に反映することもある。
オーラには、エネルギーレベルでの、やりとりをする装置のような働きがあります。 たとえば、人との関わりでは、エネルギーを放つことで自分のことを伝え、エネルギーをうけとることで相手のことを把握するという相互の交流がなされていきます。 その対象が、「物」の場合も同様で、洋服...

今回は、その続きとして、「人のオーラによって、自分のオーラが変わる作用」について書いてみます。

オーラは、エネルギーをやりとりする装置のような働きをします。

外からのエネルギーを受けとめる働きによって、よく身につけている洋服の色が、オーラに反映していくことも、あり得るという説明をしたのが上記の記事となります。

しかし、洋服という物質から、オーラへ色がうつる影響はごくわずかであり、

外からのエネルギーを受けとる作用の度合いとしては、「人のオーラ」による影響のほうが、ずっと大きくて深いものになります。

その理由は、人のオーラとは、有機物的?とでもいえばいいのでしょうか、生命力が乗っている、特有の活気があるからです。

人との関わりは、お互いが生命力をもつ存在同士なので、エネルギーの相乗効果があり、ここに「深さ」があります。そして、反映の仕方も一律ではありません。

洋服からの作用は、「服の色がもつエネルギーが、オーラに映る」というわかりやすい反映です。つまり、服が緑なら、反映するのも緑です。

しかし、人のオーラからの影響とは、そうした一方的な反映になるとは限らず、その相手と同じものが、自分の中から引き出されることもあれば、相手のそれを刺激として、まったく別のものがあらわれることもあったり、

色でたとえるなら、緑→緑、になることもあれば、緑→青、になることもあればで、パターン化されない幅広さと、面白さがあります。

人との関わりは、自分が持っているものを引き出してくれたり、新たなものを与えてくれたりと、たくさんの変化のきっかけを作ってくれるのです。

コメント