自分の心に響くことを集める。

感動という、心の動きをつくる「きっかけ」となることは、自分の外側にあります。

感動という動きをする、「反応する装置」は、自分の内側にあります。

この二つが揃って、感動が起こります。

内側にそなえている装置の種類は、ひとりひとり違いますから、装置を動かすために効果的な事柄も、それぞれ違いがあります。

ある人は、芸術としての美しさに感動し、また別の人は、壮大な自然の景色に感動するというふうに、個人差がでてきます。

また、感動のあらわれ方もそれぞれです。

ある人は、わーっと叫びたくなるような気持ちの動きがでてくる、また別の人は、心にしみいるような思いがわいてくるというように、

装置の種類が違えば、反応する対象も、あらわれも、変わってくるのです。

自分によく「響く」ものを知っておき、それらとふれる機会をもつと、常に、自分の内側に動きを与えて、柔軟でいられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました