守護霊は、大局的な視点で、学びを見守っている存在です。

すべての人は、たましいの繋がりをもつ、導き役の霊がついています。守護霊といったり、指導霊といったりしますね。

守護霊という言葉には、「守」「護」と、まもる漢字が重ねて使われていることから、自分を災難や苦難からまもってくれて、大変さを遠ざけて、幸せをあたえてくれる存在・・・のように思えてしまいますが、

実際のところは、「その人の、たましいの学びを見守り導く」存在なので、生活上の現実的な事柄について、ああしろ、こうしろと、過保護なおせっかいはしてきません。

そういうことは、本人の自主性で判断をしていくことが、この人生における学びでもあり、守護霊の役割は、学びの導き役だからです。

守護霊が伝えてくることは、「その人の学びに必要」な、気づくための「ヒントとなること」を、最小限、可能な範囲において伝えてくる、というしくみです。

直接的な○×を告げてくれることはほとんどないですし、こちらの知りたいことに、答えてくれるとも限りません。

伝えるべきことを伝えてくるのであって、知りたいことに(必ずしも)答えてくれるものではないのです。それが、必要だという判断になれば、何かしらの伝達はされるとしても、最終的な判断までは、いただけないことが多いです。

そこを自分できめることも、その判断にいたるまでの、迷ったり悩んだりする経験も、たましいを磨くための必要なものとなるからです。

たとえるなら、学校の先生が生徒に、黒板に書いて説明をしてくれることは、「問題をとくための手順」であって、「答えそのものではない」のと同じようなものでしょうね。

「守」「護」という文字があらわす意味としては、こちら側にいる人間が思っているよりも、もっと広い観点から与えられている「まもり」なのでしょう。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント