不要なものを減らしてから、必要なものを増やす。

先日、「自分とエネルギーがあうものを持つことは、外付けのパーツで、エネルギーを増やすことになる」「ラッキーアイテムとなりうるものは、ある規則性で見つけられる」という内容をお伝えしました。

自分にプラスを与えてくれる、ラッキーアイテム。
自分のエネルギーに、プラスを与えてくれる「物」があります。 たとえば、「この服を着ているときに、いいことが起こる確率が高い」とか、「このバッグを使い出してから、自分の性格が明るくなってきた」というふうに、物によって自分によい作用がでることは、エネルギーのしくみとして、あり得...

エネルギーが合うものは、高級品である必要はなく、日常の生活用品などでもあてはまりますから、必ずしも大きな出費を伴うものではないですが、

しかし、それでも「買うことが難しい」「増やせる状況にない」場合もあると思います。忙しくて、その行動のための時間がとれない人もいるでしょう。

そういうときは、逆の発想で、「物を減らすことで、自分のエネルギーを増やす」方向のとりくみをして、

合うものを増やすのは、その後で行うのがいいと思います。

不要なもの、合わないものでも、「邪魔にはなっていないから」と、そのままにしておくことはよくあります。

それは、「置き場のスペースとしては、余裕があるから」という意味ですよね。

けれどエネルギー的にいは、不要なものがたくさんありすぎると、それぞれのエネルギーによって、じわじわと、疲れたり、乱されたりすることも、(ものすごく大きい影響ではないにしろ)あり得ます。

少しくらいは、許容範囲で気にするまでもないですが、不要なものがたくさんあるのは、エネルギーがざわざわ落ち着かない状態をつくっているようなものです。

そういうものを減らしていけば、新たなものを加えなくても、トータルでエネルギーは増えますよね。

消耗させるものが減っていけば、使えるものが増えることになります。同じ収入でも、支出が減ると、手元のお金が増えることと同じですね。

ものごとはすべて、広がる、収縮するの繰り返しで動くので、広がりの動きがとれないときは、減らす動きのほうが合っている時期なのかもしれません。

そういうときは、新しいものを加えようとしても、出掛ける時間がとれない、出掛けてもそれらしいものが見つからない、という状況になりやすいです。

まずは不要なものを減らし、その後で、ふさわしいものを加えていけば、二重に効果的ですから、焦らなくても大丈夫ですね。

不要なものを整理して「入ってくる空間をあける」ことで、自分が新しい動きをとりやすくなったり、新しいものを迎える準備にもなり、相手の側から働きかけがなされる余白を、つくることにもなるという、

動きが生まれていくようになります。

コメント