憑依されると、どうなるか。

私たち人間は「肉体をもっている霊的な存在」で、霊的な感性を備えています。

そのため、この世にいる間も、見えたり、ふれたりして確認することは難しいけれども、実は、いろいろな「霊的なエネルギー」「霊的な存在」との関わりが発生するものです。

そのひとつに、未浄化な霊に「憑依」されるという現象があります。

憑依されると、どうなるか。

あらわれ方は、人それぞれですが、

「その人がもつ特徴が増幅されて、極端になる」という部分が共通しています。

憑依が起こるときは、その人と、霊との間に、引きあう要素が存在するということです。何も共通する要素がなければ関わりがつくられないのは、人間関係も、霊との関係も、同様となります(波長の法則)。

こうしたあらわれは、主に2パターンあります。

ひとつは、自分のエネルギーが少なくなるあらわれです。

憑依されると、霊に自分のエネルギーを使われるような状態になります。そうなれば、自分はエネルギー不足となり、得意なことはそれでもなんとかなるとして、苦手なところ、弱いところは、普段よりも少ないエネルギーしか配分されないとなれば、ますますうまくいかなくなります。

自分のよい状態をキープしにくくなるので「弱いところが目立つ」のです。

たとえば、もとから大雑把できちんと整理整頓できないタイプの人が、憑依されるとエネルギーが減り、ますます適当になったり、だらしなくなったり、というあらわれになります。

もうひとつは、お互いの特徴が重なるあらわれです。

自分がもとから持っている要素に、霊が持つ共通点が重なって「色濃く」なります。

感情的な人は、ますます感情的になり、

内にこもるタイプの人は、ますます内にこもる。

お酒が好きな人が、同じく、お酒が好きな霊に憑依されて、とまらなくなるというのは、わりとイメージしやすいケースだと思います。

数値におきかえてみると、

自分がその要素を「3」もっていて、憑依されることで「2」が加えられて、自分へのあらわれが「5」になるようなことです。

普段の「3」なら許容範囲で問題ないことが、いきなり「5」になれば不調和が出てしまうことも、起こり得ます。

この2つのパターンのどちらか、または組み合わせとなっていることがほとんどです。

私の場合を例にすると、体力が低いので、憑依されるとエネルギーをとられて、「体力」「体調」にあらわれます。疲れやすくなって、発熱したり、呼吸を干渉されて息苦しくなったりします。

ですが、お酒を飲む習慣をもっていないので、憑依されたとしても、お酒を飲みたくなったりはしないですね。というか、お酒が飲みたい霊は、私のところではなく、飲める人のところへいくでしょうね、笑。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。

スピリチュアル全般
スポンサーリンク
記事を書いている人
リカコ

スピリチュアルなブログを書きつづけて11年になります。記事数は1700以上、1日あたり7000~8000PVくらい読まれています。インスタグラムをはじめてみました。

リカコをフォローする
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました