行くべき人のところへ、いくようになっている(その2)。

以前に、日傘がなくなったことを記事にしました。

物とのご縁というものがあって、以前の傘はふさわしいご縁のある人のところへ行き、私は、改めて傘を買い、とても気に入ったという内容です。

行くべき人のところへ、いくようになっている物がある。
すべての物にも、固有のエネルギーがあり、それぞれの波長があります。 同じ要素をもつもの同士が引きあうという、波長の法則がありますから、エネルギーが引きあえば、物を手にするご縁がつくられることになり、エネルギーが引きあわなければ、その逆となります。 自分のところにやって...

ところが。

この傘も、また、なくなりまして(-_-)。同じ場所で。

前回は、雨が降りそうだったので、雨傘がわりについ持っていった人がいるのだろうと納得できましたが、二回目は、雨が降っていることもなく、日傘が必要な時間帯は過ぎていたのですが(-_-)。

鍵付きの傘立てにいれない自分が、悪いのですけれどね。

しかし、二回目となると「えー、また?」という気持ちのほうが大きく、前回のように、ご縁のある人のところへ行ったのだろうという気持ちには、すぐにはなれませんでした。

青系の色で、とても使いやすくて気にいっていたので、残念でした。

こうなってみると、これも、私とご縁が薄いものだったということなのでしょうけれど。

今年の夏は、日傘は必須アイテムなので、すぐに買い直そうと思いましたが、時期的にお店の品揃えも少なくなっていて、なかなか気に入ったものがありませんでした。

残っているのは、だいたい黒か青。しかし、とられたものと同じ色は買いたくない気持ちで、

そのまま数日が過ぎて、ある商業施設内でのこと。

二階の、傘が売っているお店にいこうとしたところ、そのフロアが閉まる時間の少し前でした。まだ数分あったと思うけれど、スタッフさんは、もう閉める動きをしていました。

せっかく来たのに、まだ数分あるはずなのに、こういうときに限ってタイミングが悪いなあと思いました。タイミングが合わないときって、こんなもんですよね。

で、エスカレーターで下ろうとしたところ、店内アナウンスが流れ、「二階のフロアは閉まるけれど、一階と地下は営業中」という内容をきいたときに、

「地下に傘がある」

と、頭の中に浮かんできました。

地下に、そういうお店があったかなあ??と思いましたが、とりあえず行ってみたところ、

ありました!

ドラッグストアで、傘の取り扱いがありました。そこで傘を買おうとする人はあまり多くないのでしょうか、私も、売っていることを知りませんでしたし。シーズンの終盤であるのに、素敵な日傘がたくさんありました。

ブログの題材として、よくとりあげることですけれど、

物にもエネルギーがあり、自分と合うものと、そうでないものがあります。

私は、青系の色が「好きな色」ですが、似合う色ではありません。

好きだから買うけれど、結局は、使わない、着ない、ということをくり返して、学習しました。

売り場には、黒、青、白、ピンク、の4色がありました。

似合う色を買うとすれば、ピンクになります。

が、日傘にピンクというのはどうなのか、あまり日傘のイメージがないような・・・と思ったけれど、

合わないものを買うより、合うものを買ったほうがいい

合うものなら、なくなることはないだろう

と、そういう気がしてきたので、青を選びたい気持ちをおさえて、ピンクを選びました。

デザイン的には、前の2本はごく普通の傘で、むしろ、この傘のほうがなくなる可能性が高そうな気が・・・しなくもないのですが(-_-)

でも、自分に合うものだから大丈夫な気もします。

というか、ちゃんと鍵を掛けておけ、という話ですが。

使ってみると、これが一番「自分らしい」と思えるようになりました。

きっと、この傘を買うようになっていたのだろうと、今は思います。

そのために、二階の傘売り場が早く閉まり、地下のお店につれていかれて、合うものとのご縁ができたのだろう、と。

この傘が、今はなじんでいるので「二本目の傘も、行くべきところへいったのだろう」と、そう思えるようになりました。

★★★人気ブログランキングに参加しています!

私の霊感日記
スポンサーリンク
記事を書いている人
リカコ

スピリチュアルなブログを書きつづけて11年になります。記事数は1700以上、1日あたり7000~8000PVくらい読まれています。インスタグラムをはじめてみました。

リカコをフォローする
スピリチュアル ティーチング

コメント

  1. hos より:

    色々ありましたね。そのピンクの傘は、リカコさんに似合う気がします。
    私の経験では、雨が止まないので百貨店で傘を買ったら、途端に雨が止んだ!という思い出があります。よく失くすので、ビニ傘ばかり使っていたのですが。。その傘はもう5年は使っているかと思いますが、まだ手元にありますね。合う傘なのかもしれませんね。

    • リカコ リカコ より:

      ありがとうございます。黒→青→ピンク、と、自分にあうものへ、段階を踏んで近づいていったような気もします。

      hosさんも「百貨店につれていかれた」ような流れですね。
      そういうことってあるものなので、きっとその傘は、「合う傘」なのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました