気づくことは、進んでいるということ。

もしも、自分の心の中や、自分の周りに「陰り」があるとしても、

それは一時的な状態にすぎず、いずれ変化していくもの。

陰りのある状態がいつまでも続くことはなく、

あとは明るい状態へと戻っていくだけですから、心配することはないのです。

自分の中や、自分の周囲に、「陰りがある」と気づくなら、

すでに、自分の状態が持ち上がっていることのあらわれです。

「自分」が「陰り」と、一体になっていたなら気づきません。

距離がひらいているから気づくのであり、

気づいているなら、その時点ですでに、

明るい変化はあらわれているのです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

言の葉
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました