疲れているときのオーラは、後ろに少し位置がずれる。

オーラというのは、その人を中心として前後左右に放たれている(ようにとりまいている)スピリチュアルなエネルギーです。

通常は、その人の動きに伴ってオーラも動いていくのですが、

とても疲れていてコンディションが下がっているときは、

身体の動きとオーラの動きが一致せず、身体の動きより、ほんの少し遅れてオーラが後からついてくるような「ずれ」がみられます。

疲れているときは、普段のコンディションと違う振動で、エネルギーの動きがなされていることになります。

それはだいたい、遅かったり、重かったり。

そうなると、本来の自分のコンディションと違ってきて、「本来」と「現状」にエネルギーの振動数の開きがでて、

オーラの動きが、身体にぴったり一致せずに、一拍遅れてあとからついてくるような「動きのずれ」になるのです。

こういうときは、自分の体感的にも、ふわっとしているような、ぼーっとしているような、何か自分の中身がここにないような状態になります。

そういえば昨日の私もそうかもしれません、笑。

地震の直後に停電となり、丸一日以上、電気がない生活をはさんだからか、それとも夜中の地震発生から緊張感の持続で、昼夜の感覚が乱れたためなのか、 自分の中で、時間と日にちの経過の感覚が、よくわからなくなって...

この状態になっているときの改善方法は「眠ること」です。

しっかり眠ってエネルギーのチャージがなされていけば、

本来のコンディションがもどってくるでしょう。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加