お互いの守護霊が、交流することはあるのか。

人と人が関わることは、「オーラ同士の関わり」が生じます。言葉や態度にあらわさないことをオーラを通して伝えあったり、影響を与え合ったりしています。

では、人と人とが関わるときの、お互いの「守護霊同士の関わり」はどうなるかといえば、こちらも必要に応じて関わりはなされていくようです。

この世で展開する出来事は、その人自身が「行い」を重ねることで、つくられていくしくみです。

守護霊が主導してつくるものではないですから、人と人との関わりを超えて、何でも守護霊同士が、関わりをもつことはないでしょうけれど、

お互いの目的が共通する場面では、お互いの守護霊が、同じような動きをみせて、その関係や事柄を導いていくことはあるようです。

10年以上も前の経験ですが、ホテルで行われたある講演会でのこと。

それは、テレビなどでも活躍していらっしゃるAさんと、地元テレビ局のアナウンサーであるBさんの、トーク形式で行われたものでした。

私は、一番前の列の端にすわっていました。

目の前に舞台に上がる階段があり、その横に椅子が2つ置かれていました。

トークが開始される直前に、椅子は舞台に運ばれるという段取りで、そのときはまだ準備として、階段の横に置かれていたようです。

ホテルのスタッフの方が、その椅子の前を横切ったとき、手袋を椅子の上に落としてしまわれて、すぐに拾い上げられました。

私は、見るともなしにスタッフの方の動きを目で追って、それで、目の前に椅子がおいてあることに気づきました。

そのままなんとなく、椅子に意識の焦点があってしまい、、、

ほどなく、椅子に2つの「気配」が存在していることにも気づきました。

ひとりは大柄なお坊さんのような方、もうひとりは小柄な武士のような方です。

こういうことはよくあります。霊は、椅子とか、ドアとか、人が動く所、使うところにあらわれることは多いものです。

お二人が登場してきました。テレビで拝見することはあっても、画面を通す印象と実際のようすは違うので「思っていたより、かなり体格差があるのだな」と思いました。

Aさんは大柄、Bさんは小柄な方でした。

そのようすをみたときに、先ほど、私の霊的な視界でとらえた方達は、お二人の守護霊だったのだろうとわかりました。

ご本人たちより先に、椅子に座られて本番の準備を・・・というわけでもないでしょうけれど笑、

「それぞれの守護霊の方が、一緒に行動していらっしゃる」ようすをみた、初めての経験でした。

Aさんは、江原啓之さん、

Bさんは、地元局アナからのちにフリーになられた、佐藤のりゆきさんです。

こういうこともあるのだと、教えられたような経験でした。

あの席に座ることになり、スタッフの方が手袋を落としてくれなければ、目の前に椅子には意識を向けることはなく、気づかないままだったと思うので。

席は自由で、私が入場した順番は早くはなかったのですが、前列が一席だけ空いていたのです。会場は小さいので、一番前の端より、真ん中がいいと思った方が多かったのかもしれません。

そうした偶然(必然?)の繋がりで、

かなり「レア」な光景を目にすることができました。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 秋の味覚 より:

    江原さんには大柄なお坊さん

    佐藤さんには小柄な武士

    なんとなくお二人の現世の容姿や職業に共通していますよね。
    体型も現世と守護霊が微妙に共通していて(決して江原さんが“大柄”という意味じゃ 汗)、守護霊と現世の繋がりを感じる、とても興味深く読ませて頂きました。
    ありがとうございます。

    • リカコ より:

      江原さんの守護霊は「昌清霊」さんとおっしゃる、僧侶だそうです。
      このことは、書籍の中で頻繁にでてくる記載ですね。

      守護霊は、その人の雰囲気など、いろいろ共通点があるので、

      仮に、江原さんの守護霊について前知識がなかったとしても、お二人を逆にとらえることは、おそらくなかっただろうと思います。