自分以外のエネルギーに、干渉されないためには。

オーラは、人の身体をとりまくように立体的に存在しているエネルギーです。

整ったエネルギーが十分に放たれている状態であれば、エネルギーのクッションに包まれていることになり、

外からの衝撃を受けとめてマイルドにしたり、不要なものを引き受けずに跳ね返してくれたり、その人を守るような働きをしてくれます。

整ったオーラは、自分をまもるクッションになる。
オーラのようすには、その人自身が反映しています。 その人自身のコンディションが整っているときは、放つエネルギーに勢いと安定感のある、しっかりとしたオーラになります。 オーラは、その人をとりまくように存在しているエネルギーなので、 整っているときには、とても密度の...

普段であれば、その人をとりまくように位置しているのですが、

とても疲れていて本調子ではないときのオーラは、エネルギー的な「重さ」が生じて、その人の動きに少し遅れてついてくるような、「ずれ」が生じることがあります。

疲れているときのオーラは、後ろに少し位置がずれる。
オーラというのは、その人を中心として前後左右に放たれている(ようにとりまいている)スピリチュアルなエネルギーです。 通常は、その人の動きに伴ってオーラも動いていくのですが、 とても疲れていてコンディションが下がっているときは、 身体の動きとオーラの動きが一致せず...

オーラは、その人自身のもつ振動で動いているエネルギーです。

本来のあるべき振動と、重くなっている状態の振動との差が、大きくついてしまうと、「動きのずれ」となり、「隙間」が生じることになります。

こうした隙間に、不必要な外からのエネルギー、本来の自分と引きあわないはずのエネルギーを、引き寄せてしまうことがあるのです。

本来なら、オーラがクッションとなって、そうした作用をかわしたり、受けにくくしているものが、ずれてしまえば影響されやすくなります。

逆にいえば、影響をうけたくなければ、隙間をつくらないことなのです。

オーラがしっかりと自分のまわりに位置していて、整ったエネルギーとなって放たれている、本来の状態になっていれば、

不必要なエネルギーに、簡単に干渉されたりはしませんから、

たとえば、生活のリズムを整えることや、健康の状態や、心の在り方など、いろいろな面を整えたり、高めたりしてくことを

楽しんでやっていくといいと思います。

自分が、よくなっていくための動きは、手間と時間が掛かっても、やりがいがあって楽しめますね。

コメント