スピリチュアルなセンスが強めの人は、夜更かしに注意。

眠るという行為は、体力の回復をはかるとともに、スピリチュアルなエネルギーをも回復させる、とてもスピリチュアルな行為でもあります。

人が眠っている間の意識は、この世の物質的な領域からはなれていき、霊的な世界のエネルギーに近い波長になっていきます。

多くの人が睡眠をとることになる「夜のおそい時間帯」は、「人が、霊的な世界と波長があいやすくなる」という意味で、「スピリチュアルなセンスが鋭くなりやすい時間帯」でもあります。

「もともとスピリチュアルなセンスが強めに備わっている人」や、

「スピリチュアルなセンスが(一時的に)高まっている状態の人」は、

生活サイクルが夜型になりやすい、夜更かししやすいという傾向がみられます。

そういう時間帯が、意識活動上の「得意な時間帯」「冴える時間帯」になりやすいのです。

意識が冴えているピークがその時間帯にきてしまうので、それは本来は、眠ることであちらの世界と波長が近くなって、エネルギーチャージをしていくにふさわしい時間帯なのですが、

冴えているので、思考力も高まり、よいアイデアがわいたり、インスピレーションも受けやすいという、その感覚をいかした意識活動をしたくなり、

眠るタイミングがずれてしまいやすいのです。

スピリチュアルなセンスが強めの人や、現時点でとても冴えている人は、

夜型に傾きすぎないように、バランスをとることですね。

夜の遅い時間の冴えはたしかにあるけれど、朝一番の冴えというものもあります。こちらは、しっかり眠ってエネルギーチャージがなされている状態で、ときどき起こることです。

朝一番の、霊感のあらわれが(ときどき)あります。
眠ることは、実はとても「スピリチュアルな行為」でもあります。 眠ることで、この世的には「肉体的な疲労の回復」がなされていますし、 霊的には、眠っている間の意識は霊的な世界と波長があっていき「エネルギーのチャージ」がなされています。 朝、目が覚めたときに、...

こちらの冴えを、いかしていくといいと思います。

コメント