頭が休まらないときのオーラ。

頭の中で考えること、心の中で思うこと、そうした「内面の動き」によるエネルギーは、「頭のまわりのオーラ」に反映していきます。

あれも心配、これも不安、

あれをしなければならない、これもしてみたいと、

考えることがありすぎて、頭が休まらないときは、頭のまわりのオーラが(使われることで活性化しすぎて)ヒートアップしているようなようすになります。

こうなると、思考に使うことができる「原料」が、どんどん供給されてくるので、ある意味、思考のめぐりは素早くなって冴えるのですが、

動きが止まらないので疲れますし、ヒートアップしている状態から出てきたアイデアは、あまり現実的ではない、実現しにくいものがほとんどかもしれません。

その状態になると、頭のまわりにばかりエネルギーがあつまり、他のところへいくべきエネルギーがめぐらないので、身体も疲れやすくなり、

行動をする気力も時間もないので、ますます、思考をしてしまうこととなって・・・というループになります。

思考をすることは大事であり、内面の動きが豊かであることは素晴らしいけれど、しかし全体のバランスは大事で、

考えることと、行動することと、どちらにもエネルギーが配分されている状態が、やはり望ましいということです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント