明るいオーラとは。

人が備えている、性質、気質という特徴は、生まれ持ってきた「本質」的な要素なので、一生を通じてそれほど大きく変わることはありません。

神経質な人が、いきなり楽観的に変わったりはしないものです。

こうした本質的な要素は「頭の上のオーラ」に、主にあらわれていきます。

一方、そのときどきの「気持ち」「気分」などは、常に変化していて、上がったり下がったりするものです。

都度、変化していく「状態」は、オーラの「周り」にあらわれていきます

気持ち、気分、思考などの、内的な思いは「頭の周りのオーラ」に、

体調などの肉体面は「体の周りのオーラ」に、反映されていきます。

「明るいオーラでいましょう」

「明るいオーラになるためには」

という表現は、オーラとは、明るいときもあれば、そうでないときもあること、変化することを前提とした表現ですよね。

つまり、オーラの明るさは「状態のあらわれ」です。

オーラは、自分自身の反映ですから、「そのときの自分」や、「それまでの蓄積の自分」の、何らかの要素が反映して、

そのエネルギーが明るく放たれているようすが、「オーラの明るさ」となっています。

状態は、わりと簡単に変えることができます。固定された要素ではないので、流動的ですから、自分次第で、変化をつけやすい要素といえます。

そのときの自分、つまり、

日々の、思考、発言、行動、そして、体調の管理などの、

日常的な要素の積み重ねが、オーラの明るさを構成しています

と考えると、明るいオーラでいることは、取り組みとしては、そんなに難しいものではないですよね。

・・・実際に実行するのは、(日々の積みかさね自体が、大変なので)そう簡単ではない、とも言えますが、、、笑。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント