どの部分が、前世から持ち越している性質なのか。

人は何度も生まれ変わって、たましいを成長させる学びを続けているので、

今回の人生以外にも、「どこかの時代」の「どこかの国」で生まれて過ごす経験を、たましいの領域にはもっています。

この経験を「前世」といいます。

前世の人生がおわっても、そこで経験したことは消えてなくなることはなく、たましいの大元である「グループソウル」に蓄積されていきます。

そして、またこの世にやってくるときに、そのうちの一部分を、性格や性質の特徴として備えてくるというしくみがあります。

人の性格は、実にさまざまな要素から構成されていて、そうして前世から持ち越してきた(先天的な)ものもあれば、生まれてからの環境要因でつくられた(後天的な)ものもあります。

もちこしてきた要素だけでつくられてはいませんから、今の自分がもっている特徴の全部が、前世に関連しているとは限らず、今世の間だけ備わっている要素もあります。

そうしたいろいろな自分を構成している要素のうち、どの部分が、前世からもちこしてきた要素なのかを把握するには、

自分の性格や性質について、以下のように考えてみることで推察できます。

超テキトーに、自分の「前世」や「来世」の、シチュエーションを想定してみます。

「もしも、前世が、フランスの貴族だったら」

「もしも、前世が、鎌倉時代の僧侶だったら」

「もしも、来世が、アメリカの政治家だったら」

など、時代や国や性別をいろいろに変えて、そのときの「自分」を想像してみたときに、

「どのような状況や環境であっても、きっと、今と変わらずに、この部分の性質が備わっている自分がいるだろう」と思える、その部分は、

たましいの個性として備わっている、本質的な特徴である可能性がとても高いです。

今回の人生だけの一時的な要素に対して、あまりそういう感覚はわかないものだからです。

たとえば、前世も、来世も、今と同じように、「楽観的で、賑やかなことが好きだろう」とか、「ひとりでもくもくと作業する環境を好むのだろうな」とか、「どこまでもストイックに頑張るだろうな」とか、

いろいろ、思い浮かびますよね。

きっと、それが、たましいの大元からもってきた要素のひとつなのだと思います。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

前世
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント

  1. はるはるママ より:

    はじめまして、昨夜初めてサイトに巡りあえました。いきなりの無礼をお許しください。

    自分は三年間の謎に霊感が止まっています。(弱くなっています)
    しかし、今生霊と思われる事案にて一昨日から悩まされ…

    困っていた昨夜に
    グーグルニュースにてりかこさんのサイトがトップにありました。

    生霊については知識はありますか?

    りかこさんの後ろの方は誰ですか?

    どの記事を読めばわかりますか?

    教えて下さい。

    • リカコリカコ より:

      はるはるママさま

      ブログのサイドバーに記載のとおり、コメントで質問に回答をさせていただく範囲は、
      「簡易に回答できる一般的なこと」のみとさせていただいています。
      個人的なご質問には、コメント欄での対応は行っておりません。

      ご要望の内容を記した、過去記事があるかは、ブログサイドバーから「ブログ内を検索」で
      お探しいただければ幸いです。
      ご希望にあう内容が、あるかどうか、過去記事数が膨大であるため、私もはっきりとはわからず、
      これ以上お役にたてず、申しわけありません。