自分が決めて、生まれてくるしくみ。

人がこの世に生まれてくるときには、たましいのレベルでは「このような経験をしよう」「この部分をいかす学びをしよう」というふうに、

自分が「決めて」生まれてくると、スピリチュアリズムではそのように表現されていることが多いです。

この場合の「決める」とは、何の枠組みもなく自由に選べるということではありません。「それまでの前世の経験という蓄積をもとに、次の人生のカリキュラムを決める」というしくみです。

それまでの前世の経験値を元にして、次の人生では「同じような経験をさらに重ねよう」となることもあれば、「次はまったく違う経験をしよう」となることもあります。

このパターンは一定ではないですから、「決まっている」のではないですね、やはりそこは「決める」のでしょう。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加