「大きいオーラ」についての記事まとめ。

オーラとは、自分自身のあらわれです。

大きなオーラをしている人は、それだけ、備えているものが大きいということで、あらわしていけることが多いというメリットもあるけれど、抱えることも多くなるという大変さもあります。

スピリチュアルに関心がある人は、比較的、大きめのオーラをしているケースが多いようです。

オーラが大きい人の特徴や、意識していくとよい点などについて書いた過去記事をまとめてみました。

オーラが大きい人向けの過去記事

頼られることが多いのは、「大きなオーラの人」。
やたらと、頼まれごとが多いとか、あてにされる、期待される、「あれをやって」「これをお願い」といわれやすい人は、 おそらく、平均よりも大きなオーラをしています。 オーラの大きさは、影響力の大きさにもなるため、積極的な人や、行動的な人は、その影響力の作用を大きくあ...
大きなオーラの人は、存在感と影響力がある。
オーラのサイズが平均よりも大きい人は、存在感を示すことができ、他者への影響力を大きく発揮することができます。 人との関わりというのは、それぞれのオーラの関わりでもあり、お互いに影響しあうしくみがあります。その際に、オーラが大きい人ほど、他の方に与える影響も大きいものとなりま...
大きなオーラの人は、そういう学びを与えられている。
オーラが大きいことのメリットはたくさんあります。たとえば、集団の中で影響力を発揮して主導権をとることができたり、注目されやすいこと、受容力が大きいことなどがあります。 しかし、どんなことにも裏表はあるもので、よいこともたくさん得られるかわりに、引き受けなければならないことも...
大きなオーラの人は、「広がり過ぎ」にならないように。
オーラのようすには、自分自身が反映されていますから、明るく輝いている、大きなオーラになっているときは、自分らしさをのびのびとあらわしている、自分らしくいられる状態だと言えます。 自分の備えているものを、体現していたり、あらわそうと行動したりしていくと、その動きに力が乗ってい...
オーラが大きい人は、ときどき情報から離れてみる。
オーラとは、自分自身があらわれているエネルギーであり、そして同時に、自分からエネルギーを発したり、自分がエネルギーを受けたりという、送受信器としての働きも持ちます。 自分の外側のことをキャッチする受信器になりますから、オーラが大きい人ほど、エネルギーを受けとめる働きも大きく...
オーラが大きい人は、存在感も大きい。
人間関係の交流というのは、お互いのオーラの交流でもあります。関わりをもつお互いのオーラが重なり合い、相手のことを把握したり、自分を伝えたりという、エネルギーレベルのやりとりがなされていきます。 オーラが大きい人は、やりとりをするエネルギーも大きいので、相手に与える印象が深く...

コメント